2010年05月25日

 カロリーを正しく理解する


  
 【賢者の石×2】 4,500円を何度でも稼ぎだす革新的錬金術


_______________________________

  カロリーを正しく理解する

      カロリーとは

   エネルギーの単位です。

   測り方は、1気圧のもとで1kgの純水の温度を1度
上げるのに必要なエネルギーの量とされています。

食べ物は、車のガソリンと同じで、人間が活動するのに
必要な燃料です。

カロリーは燃料の分量をはかる単位です。

私たちは、朝起きてから、夜寝るまでに必要な基本的な
エネルギー量を摂取しなければなりません。

体重とカロリーの関係では、燃焼するカロリー分と同量の
カロリーを補給すれば変わらないことになります。

オーバーすれば体重が増え、少なければ体重は減少します。

カロリー計算上は、これで成り立ちますが、人体の中では
その通りにはなりません。

体内でのエネルギーの代謝は、食べ物の種類によって摂取する
カロリーが異なった率で吸収されます。

食物の摂取、代謝、消化吸収の過程で、様々な複雑なシグナルに
返還されて我々の体重をコントロールしているのです。

(例)ソーダとインゲン豆で、同量の糖分があるとします。

   ソーダは消化が速いので、飲むとその中の糖分が一度に
血流にはいります。

その時必要としない分は、脂肪として蓄えられることになります。

インゲン豆は、消化に時間がかかります、そのため糖分も時間を
かけて吸収されれば、体がカロリーを使うチャンスが増えます。

糖分はその分燃焼され、蓄える量が減少します。

従って、体内に取り入れるすべてのカロリーは等しいという
考えが間違いだということがわかりました。

急速に吸収される糖分をとる高炭水化物ダイエットは、血糖と
インスリン値を上昇させ、コレステロールと中性脂肪を上昇
させるだけでなく体重増加と脂肪肝つくりの可能性があります。

食べ物が変われば、代謝も異なります。

摂取するカロリーの種類がどれくらい体重を増やすのかに
大きな影響を与えます。

食べ物のタイプは、遺伝子が代謝にさせることに大きな影響を
与えています。

カロリーはエネルギー源として、および代謝をコントロールする
遺伝子に対する情報・指示源として働きます。

食べ物が体に話しかけ、遺伝子を通じて体全体をコントロール
しているのです。

_____________________________

  
  【業界騒然!動画ファイル付き】
  グーグル株式会社の無料システムと独占市場ツール


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
  
 【日給9万円と月収100万円の不労所得】ネットビジネス・ザ・プレミアム


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
  ウイニングキャッシュ


_______________________________


<メールマガジン>
     ネット村かわら版
  
URL  http://www.mag2.com/m/0001106100.html

     購読登録・解除フォーム

  http://form1.fc2.com/form/?id=540892
posted by 亀野太郎 at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://kotatu-y.com/ukigumo/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。