2010年08月07日

 江戸と現代の住環境

手術もホルモン療法もせずに自宅で子宮筋腫が改善できる
『福田式3ステップ子宮筋腫改善マニュアル』

 http://www.info-point.jp/12950/26206/

__________________________

      ー健康と美の追求よりー

  * 家族そろって、医療費0円を目指して!
  
    ・効果を早く見たい人,,,,,,,,,,,,,,ダイエット食1日2食    
  
    ・無理なく効果を上げたい人,,,,,,,,,, 1日1食食べる

    ・消化吸収がよく、栄養バランスが良いので、健康増進
     しながらダイエット効果が得られます。
    ・メタボシンドロームが解消されます。

   詳細はこちら === http://brb-pp.com/ukigumo/

==============================

    江戸と現代の住環境

   〜鑿、錐、 大工のひとりごと〜

 古来、自然との調和を大切にしてきた日本人。

 江戸時代の長屋から、現代の住環境を考えてみます。

 江戸時代、庶民の住まいと言えば長屋でした。

 造りはもちろん木造で、湿気の多い夏の江戸の気候に適して

 いたようです。

 風通しがよく、打ち水をすれば涼しい風が家の中まで通る。

 自然環境と調和したエコな住宅でした。

 長屋は「九尺二間」と言われるように、間口が九尺、四畳半の

 座敷と一畳半くらいの土間と言う間取りである。

 ここで家族四〜五人が寝食すべてを行い、部屋の柱には子供の

 成長を示すいくつもの線が残され、狭いながらも家族のぬく

 もりが感じられる住まいでした。


 そんな時代も今は昔、家の周りは高層ビルやマンションに変

 わってきています。

 スイッチ一つで部屋は明るく、温度調節も自在なエアコン、

 家事の合間に出来上がる調理器具、何と快適なことでしょう。

 しかし部屋には身長を示す傷の付いた柱もなく、機密性が高い

 室内であるがゆえに結露やカビの心配をしなくてはならなく

 なりました。

 そんな住宅も最近は見直されてきています。

 「エコ住宅」として自然採光やソーラーパネル、雨水利用等が

 積極的に取り入れられるようになってきました。

 生活環境の快適さを追求しつつも、自然との調和を取り入れ

 て行きたいものですね。

____________________________

 1億8千万円稼いだヤフオクハイパーマニュアル
 ヤフオク初心者でもこんなに儲かった

http://www.info-point.jp/13313/26206/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法〜

http://www.info-point.jp/13302/26206/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【冊子版】完全契約型在宅ビジネス

http://www.info-point.jp/13094/26206/  

_____________________


<メールマガジン>

     ネット村かわら版
  
URL  http://www.mag2.com/m/0001106100.html

     購読登録・解除フォーム

     http://form1.fc2.com/form/?id=540892


 








posted by 亀野太郎 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://kotatu-y.com/ukigumo/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。